Lil Drops

雫アクセサリー作家の奮闘日々。

空枠でやらかした失敗談と改善策

こんばんはー!

そろそろレジン液を買わなきゃいけないんですが、どうしようか迷っているシュリアです!

今まで通りのレジン液でもいいんですけど、どんどん新しいものが出てるので、やはり新しいものが改良されてる点も多いので使ってみたいという思いもあり……。

まぁまだ大丈夫なんですけど、私の場合決めるのに時間がかかるので、こういうのは早い段階から考えておかないと。

minne.com

 

さて、今日も失敗談をお話しようと思います。

本当は写真などががあったほうがわかりやすいのでしょうけど、

失敗したものはもう処分してしまっているものが多いのでわかりやすい写真がなく申し訳ないのですが、用意できそうなものは写真を交えながら説明していきたいと思います。

ご質問などございましたらお気軽に!

 

空枠にマステを貼る際は、しっかりと貼るべし!

 

空枠を使った作品を作る際には、まず最初に枠の底になる部分にマスキングテープを貼りますよね。

小さめの空枠だったらいいのですけど、
f:id:syurialily:20180409080536j:image

この写真のように大きめの空枠の場合は、左側のようにするのがよいです。

右側でも一見問題ないように見えますが、結構枠ギリギリなのでレジン液が漏れてしまう場合があります。

また、右側は一枚のマステを折りたたんで台に貼り付けています。

それでも問題はないのですが、しっかりと本当にしっかりと貼りつけをしないと浮いてきてしまい、そこからレジン液が漏れてしまいます。マステは粘着力が弱めなので、しっかり貼ったつもりでも浮いてくることがあるので、要注意です。

 

硬化終えてマステを剥がして裏面を見たら枠の後ろがとんでもないことになった経験があります。

 

それからは、写真の左のようにマステをケチらず、大きい枠の場合は写真のように二枚使ってかつ、台にしっかりとまた別のマステでとめるようにしています。

 

※今回は、わかりやすいように半分ぐらいのところでマステ二枚を貼り合わせてますが、いつもはもっと端のほうで張り合わせるようにしています。

 

マステを貼り付けたら枠を持って擦るべし!

 

綺麗にマステが貼れている!!と、思っても、なぜか漏れてしまった経験があり、

それからは、マステを貼ったあとに枠を持って台ごとカッティングマットに擦りつけています。

これに意味があるのかはわからないのですが、これをやるようになってからレジン液が枠からはみ出て固まることはほぼなくなりました。

 

一層目は一定方向にレジン液を広げるべし!


f:id:syurialily:20180409083547j:image

さて、マステを貼り付けて一層目のレジン液を流しましょー!

と、レジン液を枠全体に広げる場合、

写真の矢印方向に爪楊枝や調整スティックを動かすことをおすすめします。

この写真の場合は、左側のマステが上で右側のマステが下になっているので、左から右へとレジン液をひろげます。

右側が上で左側が下の場合は、右から左といった感じです。

また、なるべくマステに触れないようレジン液をひろげるのもポイントです。

 

なぜか?

それは、マスキングテープの張り合わせ部分にレジン液が入り込んでマステごと硬化してしまうのを防ぐためです。

 

マステの張り合わせ部分に爪楊枝がひっかかって、そのまま硬化したら

マステにレジン液が浸み込んでいることに気づかなかったので、張り合わせ部分のマステが剥がせなくなったことがあります。

 

なので、一層目のレジン液は一定方向になるべくマステにひっかからないようにレジン液を枠全体に伸ばすのをおすすめ致します。

 

ちょっと長くなったので、今日はこのへんで。

また失敗談思い出したら記事にしたいと思います。

ではでは~。