Lil Drops

雫アクセサリー作家の奮闘日々。

5年前のことについて書いてみる。

こんばんはー!

今日は体調が悪く一日寝込んでいたシュリアです(´-ω-`)

なので、ちょっと今日は短めで終わりたいと思います。

 

プレゼント企画実施中です!

 

syurialily.hatenablog.com

 

 

たまには、ハンドメイドのことではないことを書いてみようかと。

 

そこで、はてなブログに「ダッシュボード」というチャレンジがあるのですが、

その中で「5年前のことについて書いてみる」というお題があったので

今日はそれに挑戦してみようと思います。

 

 

今から5年前……。

最近自分の年齢がぱっと出てこないんですよね。

 

5年前はまだ学生でした。

おぉ、年齢がばれそうですね笑

 

英語が勉強したくて英語を中心に勉強できる学科に在籍していました。

 

いやー、あの頃は一日中英語漬けの日々で日本語よりも英語に触れている時間のほうが長い日なんてざらでしたね。

あの頃は、学校でも英語、家に帰っても課題で英語、英会話スクールに通って……

と、ほんと英語漬けの毎日でした。

 

昨今、英語は小さい頃から教えるべきだとか、9歳の壁だとか、

それで小学校から英語の授業が必須になったり……。

 

私も小さい頃から英会話スクールに通っていましたが、

自分の意見というものをはっきり持っていないと英語で何を話したいかもわからないので、英語を習っても成果が出ない、使いこなせない。というのを実感しました。

 

いやー、5年前に戻れるなら、5年前の自分にこう言ってやりたいですね

 

「英語を勉強するんじゃなくて、英語を通して何かを勉強しろ」と。

 

せっかく英語で論文なんかを読めるようになったんだから、英語を通してもっと時事問題なんかに目をつけていたらよかったなぁと。

英語はあくまでコミュニケーションをしたり、何かの知識や情報を得たりするためのツールだ。と、そう思ったのは社会に出てからですね。

ほんとに英単語とか英文法とか英語で話すとか、あとは英検やTOEICの勉強ばかりしていたので、就活はほんとに苦労しました。

 

英語を勉強してきました!

 

で、それで一体君は何ができるの?

 

そういう壁にぶち当たりました。

 

結局就職したのは英語をほとんど使わないような職種なもので、

今ではもう5年前のように英語を話したり書いたりはできないですね。

 

もう英語には全く自信がありません。

いやー、色々あってもう仕事で英語は使いたくないです苦笑

 

なんだかすごい真面目な記事になりました(;゚Д゚)

自分でも驚きです。

そして、結局いつもと同じくらいの長さになりました笑

 

では、今日はこのへんで。

ハンドメイドについてではなく申し訳ないです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

minne.com